Blog&column
ブログ・コラム

外壁の塗装を行うタイミングとは

query_builder 2022/08/01
コラム
43
日々降り注ぐ紫外線や雨風にさらされる外壁は、定期的なメンテナンスを行うことで家の美しさを長く維持することができます。
今回は、外壁塗装のタイミングについてご紹介していきます。

▼外壁の塗装を行う年数の目安
外壁の塗装は、新築から10年たったら行った方が良いと言われています。
日本の外壁に多い窯業系サイディングボードは、素材自体の防水性はなく、塗装による防水性は7年ほどできれてしまうのです。
こうしたことから、10年に1度塗装を行う方が良いとされています。

▼塗装をした方が良い外壁の劣化
年数にかかわらず、外壁の劣化が見られたときは塗装を考えた方が良いかもしれません。
以下がそのサインです。

■外壁の色あせ
外壁が色あせてきたと言うことは、外壁塗膜の劣化が始まった合図です。
劣化の度合いは低くすぐに塗装を行う必要はありませんが、「そろそろかな」と心の準備をしておきましょう。

■チョーキング
チョーキングとは、外壁を触った時にチョークの粉のようなものがつくことをいいます。
この状態を放っておくと、外壁のひび割れなど劣化が進行することも。

■塗膜の膨れや剥がれ
塗膜の膨れや剥がれを放置すると、外壁の内部に雨水が入りひび割れを起こすことがあります。

■外壁のひび割れ
ひび割れを放置すると、住宅の強度が低下してしまうため、早急な対応が必要です。

■シーリング材の劣化
シーリング材が劣化すると、シーリング材から雨水が浸入することがあります。
この場合、まずはシーリング材のまし打ちなどを行いましょう。

▼まとめ
外壁の塗装は、住宅を守るために大切なものです。
年数に限らず劣化のサインが見られたら、塗装を考えましょう。
当社では、外壁の塗装も承っております。
外壁塗装でお悩みの方は、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • 広島市で水回りのリフォームをお考えなら、ぜひ株式会社ハウジング丸二をご指名ください。

    query_builder 2021/10/14
  • 外装のリフォーム業者を広島市安佐南区でお探しなら地域一番店んお【株式会社ハウジング丸二】

    query_builder 2021/10/14
  • 住まいとは人が主と書きます

    query_builder 2021/09/01
  • 介護のしやすい家にするポイント

    query_builder 2022/08/15
  • 外壁の塗装を行うタイミングとは

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE