Blog&column
ブログ・コラム

介護のしやすい家にするポイント

query_builder 2022/08/15
コラム
44
少子高齢化が進む現在、介護のために家をリフォームする方が増えています。
では介護のしやすい家にするには、どのようなポイントを押さえると良いのでしょうか。

▼バリアフリー化
介護を受ける方が車椅子の場合、家の中に段差がないことは大前提です。
家の全ての箇所をバリアフリー化するのが難しい場合は、車椅子がよく通る導線に絞ってバリアフリー化するのも良いでしょう。

介護を受ける方の部屋
介護を受ける方の部屋は、災害などに備え外に直接出られる窓とスロープの設置をおすすめします。
お出かけの際、部屋から直接出られることで介護を受ける側も介護する側も負担を軽減することができます。

▼お風呂・トイレ
車椅子が入るよう、出入り口やお風呂の中は十分な広さが必要です。
また介護を受ける方の状態に応じて、バスリフトやトランスファーボードなども取り入れましょう。
またトイレも、十分な広さがあると介護がしやすくなります。

▼玄関
玄関は段差を無くし、車椅子が入るよう広くとりましょう。
なお車椅子じゃない場合、玄関に段差がないと靴の着脱がしにくいことも。その場合は腰掛ける台などを用意しましょう。

▼まとめ
介護が必要になってから家をリフォームするのは大変です。
これから家を建てる方は、将来を見据えてある程度介護のしやすさをこうりょすることをおすすめします。
当社では、さまざまな家の悩みに真摯にご対応いたします。
なるべく予算を抑えたいといったご希望も、遠慮なさらずお伝えください。

NEW

  • 広島市で水回りのリフォームをお考えなら、ぜひ株式会社ハウジング丸二をご指名ください。

    query_builder 2021/10/14
  • 外装のリフォーム業者を広島市安佐南区でお探しなら地域一番店んお【株式会社ハウジング丸二】

    query_builder 2021/10/14
  • 住まいとは人が主と書きます

    query_builder 2021/09/01
  • リフォームでもらえる住宅補助とは?

    query_builder 2022/09/01
  • 介護のしやすい家にするポイント

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE